ゲーム

2007年10月17日 (水)

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者

Banner1

DSやPSP、もうかなりの人が持ってますね。
うちはDSですが、家族ひとり一台ずつ持ってます^_^;
最近新しいソフト買ってないんですが、そろそろ秋の夜長にまったりゲームでも
ということで、
DSソフトダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者
(10月25日発売予定)の紹介です(*^_^*)
これはPSPの「クロニクル オブ ダンジョンメーカー」の斬新な
ゲーム性をニンテンドーDSオリジナルバージョンで楽しめるものだそうです。
プレイヤーが既存の迷宮を攻略する従来型のRPGとは異なり、プレイヤー自身が
迷宮を自在に作り出し、魔物をおびき寄せて戦う新感覚RPGです。

ゲームは村の住人たちの依頼を受けるところからスタートし、
主人公アレン(プレイヤー自身)が魔法のシャベルとバリエーション豊富なアイテムを駆使して自分なりの迷宮を作成していきます。
迷宮を中心に展開する本筋とは別に、ゲームを進めていく過程でさまざまなクエストが舞い込んできて、
クリアするとレアなアイテムが入手できたり、報酬を得たり、ある食材やレシピを入手し食べることでパワーアップしたりと、
これもゲームの楽しみのひとつとなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月 2日 (日)

アニメソング

PS2最強のロボットアクションゲームであるA.C.E.シリーズ最終作の「Another Century’s Episode 3 THE FINAL」が9月6日、
ついに発売になるそうです。シリーズ最新作にて最終作となる今作品には、その迫力ある戦闘シーンに加え、ボーカル入り主題歌15曲が収録されています。
豪華アーティスト陣によるラインナップになっておりイメージソング・エンディングソングを、島谷ひとみさんが歌うそうです。
歌と共に戦えとばかりにアニメ主題歌(原盤)が戦闘中にバックで流れバトルをさらに熱く演出するようです。
歌と共に戦うイメージとして、プロレスの登場曲がありますね。プロレスにはまったく興味がない小さい時に、ミルマスカラスという覆面レスラーが登場してくるときの「スカイ・ハイ」という曲が
好きで、あの曲が聞きたくてテレビでプロレス見てた記憶があります。
アニメにも歌の雰囲気って肝心ですよね。最近のポケモンの映画の音楽がサラ・ブライトマンだったのには驚かされました。
アニメ主題歌ってなぜかいつまでも覚えとくもんなんですよね。特に子供の頃に夢中で見てたアニメだとなおさらです。
今でも古くはハイジに始まり、ラスカル、フランダースの犬、キャンディ・キャンディ、
戦闘ロボでは、しゅあには「勇者ライディーン」のライディーン、ライディーン♪というフレーズが頭に残ってます。
「およげ!たいやきくん」の子門真人が歌うオープニング主題歌「勇者ライディーン」の歌をよく歌っていたそうです。
子門真人さんはあの頃のアニソンの歌い手としてガッチャマンやゼロテスターなどいろいろ歌ってましたから
声に馴染んでたんでしょうか。ライディーンは戦闘ものとしては、ムー帝国やらレムリアやら、ちょっと不思議な雰囲気があって
超・超幼い女の子のしゅあでもなんだかあの主題歌と共に楽しめたのだと思います。
アニメの内容自体はあんまり覚えてないけど、すごく好きだった記憶だけが残っているのもアニソンの力ですね。
アニメのタイトルで、有名なフレーズはすぐ出てきますよね。割と最近のはプリキュアとかケロロぐらいしか思いださないけどw

| | コメント (0) | トラックバック (1)